上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想というより放送が無事終わって感慨深いので信者のきもちわるい思い出話と愛情告白です。





正直、ここまでハマるとはまったく予想していませんでした。
一番最初のCMで新房監督×シャフトの初オリジナル作品と聞いて、
見る事は決定してたんですが。
きっと攻め攻めの、突き抜けた作品が出て来るんだろうなという程度の期待感で。

その後スタッフやらキャラクターやらが順に発表されて、
正直「魔法少女もの」と聞いた時点で期待よりも不安が上回ってしまった。
自分の中で新房監督×シャフト作品ってやっぱり初期の独特の省エネ演出のイメージが強いし
その後もひだまりで「富士山」やったり化物語で撫子やらかしたりダンパイアが割を食ったり…
そんなシャフトに、かなり派手になりそうな魔法少女もの、大丈夫!?と大変失礼な事を思ってしまった。
実際フタを開けてみたらまったくの杞憂でした。

このアニメは本当にメインスタッフの個性がこれでもかってくらい出てるのに、
それらが主張しながらも互いに補いあっていて、
誰か一人の作品ではなく、みんなで作ったオリジナル作品になっていた。
それが凄い。

3話から急激に注目され始めて、最初はその盛り上がり方に面食らったんですが、
6話まで観た時点で「なんだこのアニメ面白すぎる…」と
まんまと制作陣の手の平で踊らされてどっぷりハマったわけです。
なんというか、毎週毎週その話数を見るためにどういう準備をしておくか、まで考えて見たアニメはこれが初めてですよ。
具体的に言うと、なるべく色々な感想や考察を読んだり見返したりしてこれまでの話をしゃぶり尽くした状態で次の話に臨むのがいいのか、
それとも余計な情報はなるべく入れないようにして新鮮な気持ちを大切にして次の話に臨むのがいいのか。
「初見」は人生でたった一度しか経験できないから、どうやってその「初見」を向かえるのが一番贅沢なのかを考えながら日々生活していたと言う(笑)。
毎回引きがあって面白いオリジナル作品と言えば、一番最近だとコードギアスかなあと思うんですが、
ギアスでもここまでバカな事はしていなかったなあ。
ギアスの方が超・エンタメ作品なので人に勧めやすいのは断然ギアスですけどね。
心がえぐられるのに面白いっていう感覚は水島監督版の鋼や初期の原作鋼を読んでる時の感覚にやや近いかも。
テーマ的にも擦ってるし。

話がどうとか、アニメーションとしてどうとか、そういう表面的な評価以上に、
自分の好みにドンピシャだったというのが何より大きい。
ぶっちゃけて言えばガールミーツガールな物語には弱い。
女の子の心情に寄った話ではあるけど、虚淵さんの脚本自体は骨太で男臭くて、ねっとりした嫌な感じがまったくない。
そのバランスの良さがとても自分好みでした。
最終的には主人公とヒロインの「世界」が「世界」の命運に直結するという俗に言う「セカイ系」的な物語にはなったけれど、エヴァほど近景に寄ってはいないか。
スポンサーサイト

作品が発表された頃から暖かく見守ってきたので総括。
といっても自分は評論家ではないので好きか嫌いかでしか語れません。

なんというか本当に予想を良い意味で裏切られまくって、
発表された当時はここまでの反響を呼ぶ作品になるとは思いもしてなかったです。
お陰で洗礼というのか案の定いわゆるうるさ型の人たちにいろいろとツッコまれているみたいで、
逆に「注目されるくらい大きな作品に育ったのね…」と
絶望先生の藤吉さん並に偉そうに母の顔になっちゃう勢いです。

感想や批評を色々なところで読んだり聞いたりしましたが、
一番自分にしっくりきたのが小飼弾さんの作品評。
奇跡も、魔法も、あるんだよ - 作品評 - 魔法少女まどか☆マギカ


このアニメの痺れるところは、12話かけて畳み掛けるように「希望」を否定し続けて、
最後の最後に主人公であるまどかが「希望」だけを守りきった事。
「魔法少女は夢と希望を叶える」という、まさに魔法少女が持つ永遠のテーマを守り切った事。
岩上Pがインタビューのたびに「魔法少女」である事へのこだわりを見せていたのはこういうことかと。

「一度魔法少女になったら救われる望みなんてない」というのが時間遡行の中でほむらが導き出した答え。
だからこそ、まどかの契約を阻止する事を一番に考えているし、
他の魔法少女に対しては最初から諦めているところがある。
結果的に、友達を救いたかっただけのはずなのに、
繰り返すごとにまどかとの距離が離れてどんどん袋小路に入ってしまっているというのがなんとも切ない。

ほむらのまどかを救いたいという「願い」そのものによって、まどかに因果が集中し、逆にまどかを最悪の魔女にしてしまうというもうどうしようもないくらいの絶望。
でも、事態を悪化させているだけにしか見えなかったほむらのその願いが、希望が、最終的にまさに希望のための「最後に残った道しるべ」となった。
この11、12話の流れは圧巻で、繰り返し見るほどに心が揺さぶられる。
まどかは万能の神になるのが願いではなく、身近にいた子たちの「願い」や「希望」が「絶望」に塗り変わる事が許せなかっただけ。


もう一つこの作品で好きだったのがさやかと杏子の対の関係。
まどかの救済によって9話が無かった事になってしまったのが逆にちょっと寂しいくらい。
「他人の幸せ」を願いながら結局「自分の幸せ」に囚われて堕ちていったさやか。
「自分の幸せ」だけを考えろと言いながら結局「他人の幸せ」を願わずにはいられない杏子。
9話の魔女戦で、青いさやかのシルエットと赤い杏子のシルエットが混ざり合いそうで混ざらないまま血になるメタモルフォーゼがすんごく良かった。
初見ではその二人がお互いを救ったようにも見えたけど、
実はさやかは杏子を救い、杏子は自分自身を救ったという構図だったのかもしれない。


さらにもう一つ。
虚淵さんのインタビューによると、
まどかはうめてんてーのイメージから生まれたキャラクターで
さやかは虚淵さんの中から生まれたキャラクター。

つまり、9話が終わった時点で「虚淵テイストなエンド」というのはさやかと杏子に集約されているのでは、と思ったわけで。
「理に敵った展開」を積み上げていくとどうしても物語が悪い方向に転がってしまう、
ハッピーエンドへ誘導するには途方もない力が必要だと虚淵さん自身がおっしゃっていて。
うめてんてーから生まれたキャラクター=まどかが、至極合理的に主人公たちをバッドエンドに導く存在=キュゥべえのシステムに打ち勝てるのか、というのが10話以降の注目点でした。
実際はそこまで穿った見方をしていたわけではないんですが、
さやか・杏子とは当然違った結末になるとして、純粋にどうなるんだろうと。
安易なヌルいハッピーエンドにはならないだろうとは思っていましたが、
いやもう、大満足です。


魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る


宇宙ショーへようこそ 【完全生産限定版】  [Blu-ray]宇宙ショーへようこそ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/02/09)
黒沢ともよ、生月歩花 他

商品詳細を見る


とっくに記事は出来てたのに上げるのを忘れてました。
宇宙ショーの特典のコメンタリーは、
限定版のみベサメムーチョとスタッフのコメンタリーがそれぞれ収録されています。
通常版にも収録されている監督+キャストのコメンタリーは、
子供の視点で映画を観る事ができて新しい発見がたくさんありました。
自分ではまだまだ子供の心を持っていると思い込んでいたのですが(笑)、
キャストの子達の素直な感想を聞いていると
「そんなところを見るのか!」と驚きの連続で。
スタッフコメンタリーは、なかなかに豪華な布陣で、貴重な裏話、こぼれ話が聞けて面白かったです。
というかこれが本来あるべきコメンタリーだよな、と(笑)。
ただ、ゲストが入れ替わりだったりして、メモを取りながら聞いても後でどのシーンの事なのか分からない部分もあったので
とりあえずベサメムーチョ(落越P、倉田さん、舛成監督の3人)のコメンタリーだけさらっとまとめておきます。
というかベサメムーチョのコメンタリーはちょっとはよそ行きにするのかと思いきや、
本当にいつも通りのノリだったので安心しました。
同時に、だから限定版のみに収録なのかと納得。
以下簡易まとめ。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。