上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『桜Trick』コミック第4巻の感想と、
少しだけ『桜Trick アンソロジーコミック』の感想。





アニメで扱うのは原作3巻までで、
4巻から春香たちの学年が上がってまた新たな展開が始まります。
ちなみに3巻には夏休み編も収録されているのでアニメから入った人はそちらもお勧めです。

4巻を読んで改めて、春香と優が「好き」の違いを自覚していくというのが物語の本題なのだと分かりました。
だから、3巻の美月卒業式回が二人にとっての始まりなんですよね。

4巻全体の感想としては、
これまでに比べると春香&優、コトネ&しずく、楓&ゆずという定番の組み合わせ以外のやり取りが増えたなあという感じです。
キャラクター同士の関係性が見えてキャラクターへの愛着が増しました。
特に春香は、他キャラとの絡みが増えたことで美月に続いて澄まで魅了するという、中学時代人見知りで全然友達ができなかったのが嘘のような天然ジゴロっぷりを見せ始めている…?というか生徒会長キラー…?

春香は優と出会ったことで、他の子とも仲良くできるまで成長できたのだと思うのですが、そのおかげで優の不安要素が増えるという。
優も春香と澄のことはまだ知らないので、ますます春香が浮気してるっぽい構図に…

澄は今のところ恋愛感情という感じでもないし、美月の時も全然ドロドロしなかったので、桜Trickなら大した問題にはならないと思いますが。

あと、クラスメートの吉田さんが準レギュラー化してたり、
たぶん1話で出たっきりだったモブのクラスメートちゃん(春香の「特等席」を奪った二人組)がまた登場したり、
その辺もまた良かったです。

以下各話感想。


カラーページ
教室の机で寝ている優に春香が「いつぞやのしかえし」と色々なところにキスして起こそうとする。
キスしても起きなかったのに、抹茶サンド(って何だよと密かに突っ込み)を出したらすぐに反応して起きたので、春香はショックを受ける。
でも実は優は抹茶の香りに反応して起きたのではなくて…みたいなお話。
女の子は匂いで恋するって言いますものね。
目をキラキラ輝かせる春香が好きです。


1話目
学年が上がって、最初の話。
新生徒会長の澄は教頭先生に「のじゃ」の語尾を注意されたので直そうとする。
「のじゃ」否定派多数の中で、春香が「前の口調の方が好き」とフォローを入れたことで結局「のじゃ」を続行することに。
春香が澄の口調を「好き」「可愛い」と言うため、嫉妬する優。
trick04-01.jpg
優ちゃんが嫉妬する話見たいな〜って思ってたらまさに望み通りの話がきてニヤニヤ止まりませんわこれは。
優ちゃんは春香が他の人に対して言う「好き」に過剰反応するのですね。
あと、なでなでされることにハマり出したしずくちゃんも今回のハイライト。
そういえば、春香はスミスミやしずくちゃんのことは撫でるけど優ちゃんにはしないですね。
妹と恋人の差でしょうか。
キスしながら優ちゃんが言った「好き…春香…」ってセリフ、3巻の美月会長にキスが見つかった時の
「好き…は…」「あまり大きな声では言えない? 聞きたいな、『は』の次」の続きになってるのかな。
あの時の優ちゃんが結局言えなかった言葉が、今回は「自然に出ちゃった」と。


2話目
バイトの面接10連敗中のしずくにみんなでアドバイスしよう、みたいなお話。
コトネが、しずくちゃんに対して「積極的じゃない」とか「プライドが高い」とか散々言ったあげくの、「そこがいいんだよ」というモノローグが好き。
trick04-02.jpg
しずくちゃんのこと本当に大好きなんですね。
後半はゆず株爆上げ。
しずくちゃんに乗せられてメイド服着ちゃうのも可愛いし、
洋服をたくさん持っているしずくちゃんに「も もしかしてしずくちゃんって付き合ってる人とかいるの!?」
「服に気を使ったりするのって恋してる人がするものってお母さんが!!」
って乙女すぎる〜。
trick04-03.jpg

この話で仲良くなったからか、しずくちゃんはゆずにSっ気見せるようになりましたね。
春香もゆずにはあえてひどいこと言っていじってる感があるし、
愛されキャラですね。いや、ゆずがドMなのか?
しずくちゃんのコトネに対する「恋とかは通りすぎてる」ってセリフは、
春香&優とはまた違うコトネ&しずくの関係を表している気がします。


3話目
澄の豪邸(コトネ宅の半分くらい)の庭でお花見、というお話。
春香に対して、美月や理奈がいた頃のような安心感を抱いた澄は、春香に「澄のお姉ちゃんになってくれませんか」とお願いをする。
trick04-04.jpg
「優ちゃん以外の人と特別なこと…」と躊躇したものの、「友達が困ってるなら…優ちゃんもきっとそうするよ!」と澄の要求を飲むことに。
マリみてで言うところの「スール」ってやつですね。学年逆だけど。
あとさらっと「ぱふぱふ」とか言うスミスミはガチへんたい。
これ知ったら優ちゃんのモヤモヤ止まりませんね。
1巻で春香が「優ちゃんにお姉さまって呼んでもらいたかった! タイを直してあげたかったー!」って言ってたけど
スールに対して満更でもない思いがあったってことですよね。あと春香は絶対マリみて読んでますよね。
スミスミとの関係はやっぱり浮気に近いぞ!
4巻の帯にも書かれてる、「桜が奇麗ですね」という優ちゃんの春香に対する「奥ゆかしい」告白はきゅんとしました。
桜Trickがいきなり夏目漱石の世界に。


4話目
AED講習会のお話。
人工呼吸って言葉を聞くだけでオチが読める…読めるぞ…!
お約束のキスオチ以外も、コトしず、楓ゆずも活躍するし6人が仲良くきゃっきゃしてるのが微笑ましくてとても好きなお話です。

しずくちゃんがゆずに対して「ゆずちゃんに教わるのはなんかしゃくだなあ…」って言うシーンが好き。
しずくちゃんにいじられて、素を見せてくれて、ゆず嬉しそうだなあ(笑)
というか今回は全体にしずくちゃん大活躍ですね。
「ギャーッ チカン〜ッ!」って演技で言ったしずくちゃんに対して「誰だそいつは!!」と本気で激おこなコトネが可愛い。
万一本当にしずくちゃんがチカンにあったりしたら、コトネならお金の力で相手の人生終わらせかねないですね。
今回のハイライトは、人工呼吸が上手くできないしずくちゃんに対しての
コトネ「しずくちゃんてばぁ〜普段はそんなに下手じゃないでしょ?」(意味深)

春香がお手洗いに行っている間にAED講習会は終わってしまい、レポートが書けず困っていると、
優は「しっ…仕方ない 私が人形代わりになるから心電図解析していいよ」
と神提案をする。さすがは誘い受けの覇王だぜ!
本当、久しぶりにここまでアホな回を見た気がします。
あと、春香が変態で優ちゃんがそれに対して引くっていう構図を見るともはや懐かしく、逆に安心します。
もう初期のツンデレ優ちゃんは戻ってこないのかしら。

キス…いや、人工呼吸はお約束の体育倉庫で。
ていうかなんじゃこのコマは!(喜)
trick04-05.jpg


5話目
優の家に春香が遊びに来る予定だったのに、
春香が来る前に突然理奈が訪ねてきて、優に恋愛相談するというお話。
理奈の恋はまだまだ先が長そうですね。
最初のページで、春香と会うにあたって洋服選びにあれこれ悩む優ちゃんの姿はまさに恋する乙女。
ゆずの「服に気を使ったりするのって恋してる人がするものってお母さんが!!」ってセリフを体現しちゃってるよ!

理奈の恋愛相談にのっているうちに春香が来る時間になってしまい、
優は「SBJKの春香がこれを知ったら大変なことになるよ!!」と理奈に押し入れに隠れるように指示する。
春香は去年優と食べたのと同じ、期間限定のいちごシュークリームを買ってきていて、
理奈が押し入れにいるにも関わらず優は思わず…
trick04-06.jpg
まさか続・シュークリームキッスがくるなんて!
シュークリームがあると優ちゃんは積極的になるという説。
まあ、この直後あっさり攻守逆転してますけどね。
「優ちゃんちょっと変わった?」っていう春香のセリフは、いつもと違う服を着ていることではなくて、恋愛感情を自覚し始めてる優ちゃんを感じ取っての言葉ですね。
それに対して「春香は変わらないね」っていうセリフ、今の2人の関係を表しているのか。
春香の方が先に優ちゃんを好きになってべったりしてたのに、優ちゃんの方が先に自覚し始めてる。
春香は自分の中に恋っていう物差しがまだ無いだけで本当は誰より本気なんですけどね。

そして、優は優で理奈の「義妹」に勝手にされるという。
こっちもスール展開!?


6話目
雨の日の放課後、優、コトネ、楓の傘がなぜか無くなってしまっていたので春香&優、コトネ&しずく、楓&ゆず、それぞれ相合い傘するというお話。
相変わらず楓の心の変化にすぐに気付くゆず。と、その関係に過剰反応する春香。
そのくせ色恋沙汰には鈍感とかラノベ系鈍感主人公属性あるよゆずちゃん!
傘に隠れてキスする春香&優を見て、「あの二人最近どう思う?」とゆずに話を振るものの「本当変わらないよね」と全然気付いてもらえない楓。
trick04-07.jpg
楓の「ゆずも全然変わらないや」ってセリフはちょっと切ないですね。
そしてこの辺のやり取りは、この次の回(5巻に収録予定)の楓ゆず回の序章にすぎないのです…乞うご期待。

trick04-08.jpg
コトネにデレデレのしずくちゃんはチョロ可愛い。

優が家に着くと、実家に帰ってきていた美月が、休日に優だけでなく春香も誘って遊べないかと提案する。
美月がいまだに春香のことを好きなのか、引きずってるのかどうかは、次巻以降?
春香、優ちゃん、美月、スミスミ、理奈、と微妙にこじれてキマシタワー!


チョコレートリック別EDver.
『SAKURA』1巻に収録された「チョコレートリック」の別EDバージョン。
バレンタインなのに、春香からのチョコを受け取ってくれない優。その理由は…という話。
春香と優の中学時代のエピソードは今までなかったのでとても良かったです。
優ちゃんの「優」は優しいの「優」ですね。
人見知りで内気で優ちゃんに依存してるっぽい春香が良い。
春香はやっぱり優ちゃんのおかげで成長したんだろうなあ。
こちらが春香と優の心の繋がりを描いたのに対して、『SAKURA』の方は、最終的なオチは同じっちゃ同じなのですが、キスシーンにページを割いている分、なんというか、こう、えろい。


番外編 ドロップレター
春香がほぼ出番なしでコトネ&しずくメインの、番外編ならではな話。
朝起きると、しずくは泣いているコトネを見てしまう。
聞いても話をはぐらかされてしまったため、授業中に優に手紙で相談することに。
なんてことのない話だけど、コトしずもいいなって思ってしまうのです。
4巻はしずくちゃんの魅力が発揮されすぎですね。
手紙のあの折り方、私も中高生の頃、まさにああやって折って授業中に友達同士で回してたので懐かしかったです。
誰が開発したんだろうあの折り方。



4巻の感想はそんな感じで、以下さらっとアンソロの感想。

桜Trick アンソロジーコミック
もともと、アンソロはあまり興味が無いというか
ほとんど手を出したことがないのですが、評判がよさげだったので買いました。

・独自の設定ありきで話を進める
・キャラクターが極端に崩壊
・そもそも微妙に設定違うような…
など二次創作に対して苦手ポイントが多すぎて。
二次創作自体は好きです。

桜Trickは、公式が二次創作みたいなものなので
(別の百合要素ある作品の二次創作でパロディネタにされること多数)
アンソロもす〜ごく良かったです。
あれ?このシチュエーション原作でやってもおかしくないのでは?と思った話もあった(笑)
そして「キスしたら病気うつしちゃうかも」系のネタの多いこと。
キスネタの定番!
得能正太郎さんの遊園地の話が、コトしずも出てきて良かったし
志摩時緒さんとはんざわかおりさんの話も、短いながら好きでした。
きらら系で2冊以上アンソロが出てる作品はほとんど無いですが、
2巻が出たら買いますよ。
関連記事


コメント

  1. コトしず命 | -

    いよいよ来たな

    むしろ今までの3巻まで続くプロローグだったと思います。これから先桜trickという作品がもっと面白くなり深みが増していくと確信しています。それぞれのカップルも本格的になり、タチ先生がおっしゃったようなコトしずがメインとなる回も増えていくでしょう もちろん楓ゆずも…。まぁでも楓ゆずは道のりは険しいのかな?笑

    ( 23:52 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。