上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミック4巻の続きの話から。
単行本出てからまとめて書こうと思ってたけどすごい長さになりそうなので、
とりあえずきららミラク4ヶ月分感想。




2014年5月号掲載話

桜Trick至上最高の楓ゆず回。
楓が生徒会が終わって帰ろうとすると、校門前で待ってくれているゆずを見つける。
「楓と二人だけで帰るの久しぶりかも…」というゆずの言葉に対して
この楓っこの表情!
mirac201405_01.jpg
よほど嬉しかったのか、あえて遠回りをして帰ろうとする楓。
でもその楓の意図を汲み取れないミカンさん…

その途中で2人はうずくまる理奈に遭遇する。
せっかく帰省したのに両親不在で家に入れなくなっていた理奈を楓の家に泊めることになり、
ノリに乗っちゃってる楓はゆずも無理やり泊めることに。
mirac201405_02.jpg
これは完全に恋してる顔ですわ。
どうしちゃったんですか、今回の楓っこ。
これまでは少なくとも原作では「楓はもしかしてゆずのこと好きなのかな…?」くらいの描写だったのに、
いきなりわかりやすく描かれるようになっていてちょっと戸惑います。

mirac201405_03.jpg
しかしゆずはゆずのままなのであった…。
フラグクラッシャーめ!
このエフェクト笑いました。

普段はゆずだけが楓のポーカーフェイスを読み取れるのに、
肝心の「楓→ゆず」のアプローチに対しては鈍感とか、ハーレムアニメの主人公か!

明日の休日に、真実をつきとめるために「あの人」に会いに行くと言う理奈。
「あの人」と言ったらあの人しかいないだろうなと思いつつ楓ゆずサイドのお話は次号につづく。

一方の春香と優も春香の家にお泊り中。
楓たちもお泊りだと知って、「なんならみんなでお泊りにすればよかったかな」と言うと、
優は「ううん、ふたりきりがいい」と春香に寄りかかる。
優ちゃんはすっかり恋する乙女ですね〜〜。
この回はちょっとニヤニヤポイント多すぎてどうしようもないですね。

美月が春香に会いたがっているということを伝えると、
春香は「私は別にいいよ。何があっても優ちゃんが一番だから」と優ちゃんにキスをする。
それに対して優ちゃんは「うん、信じるね」
…って、桜Trickなのに重いぜ!!
直後、理奈から優ちゃんにメールがきて嫉妬の炎を燃やす春香っていう図でオチつけたのは良かったです。
シリアスになりそうなところをするりとかわすバランスが本当に上手いな〜といつも思います。



2014年6月号掲載話

しずくちゃんがやっと面接に受かったファミレスのバイト初日に、
遊園地帰りの春香・優・美月がやって来る。
なぜか被り物をして。
せっかくのカラーページなのに主人公の顔が見えねえ!
mirac201406_01.jpg

しばらくすると、春香たちを尾行してきた理奈・楓・ゆずも来店。
理奈は美月と春香の関係を確かめようと離れた席から見張る。

いつまでも被り物をとろうとしない春香に対して、
「何か後ろめたいことでもあるのかしら」と厳しい口調で美月は問い詰める。

「私…… 美月先輩と顔を合わせる資格ないんです!
あの時私は…美月先輩のこと傷つけちゃいました…
それでも美月先輩は……
また私と変わらず仲良くしてくれるなんて…
私は冷たくされるべき人間です!」

やっと美月の告白・失恋へのフォローが入った感じですね。
あのままじゃさすがに美月が不憫ですもんね。
しかし美月さん、この反応見るとまだまだ春香のこと好きっぽいなあ(笑)

実は美月が春香に会いたがっていたのは、スミスミとの関係を問いただすためだったのに
結局聞き忘れたまま帰ってしまう…というところで次号に続く。
美月はスミスミのメールで春香との関係を聞いたみたいですね。

あとこの回はしずくちゃん回でもあり、いちいち翻弄されてるしずくちゃんがかわいかったです。
バイトの先輩も、良いキャラっぽいので貴重なノンケ枠として準レギュラー化しないかな。

しずくちゃんがバイトを始めた理由について、
「大学は……まだちょっと漠然としてるけど……
卒業したら(コトネと)二人で暮らしたいと思ってて…」

同棲かぁ!(by春香)
BD4巻特典漫画で、その辺りのコトネとしずくちゃんのやり取りは描かれていました。
あれ読んでコトしずハッピーエンド不可避だと確信しましたね。

それにしても、春香と優はまだ出会ってから4年目なんですね。
中学時代の2年間と高校入学以降の2年間では全然密度が違いそうです、いろんな意味で。
ガールミーツガールが大好きなので春優出逢い編とかどこかでやってくれないかな〜。



2014年7月号掲載話

桜Trickアニメ化決定から1年間きららミラクの表紙を担当されて、
これがその最後の号。おつかれさまでした。
いや、本当に、アニメ化でものすごい量のお仕事をこなされているなあと思います。
休載も一切なく…
mirac201407_01.jpg
そしてこの表紙絵は最高ですね素晴らしいですね。
人差し指だけとか、小指だけとか繋いでるのを見ると場合によっては恋人繋ぎよりドキっとします。

本編は、週5でバイトが入っている多忙なしずくちゃんをみんなで癒そう!という話。
これまで、しずくちゃんがコトネに「コトネはバイトしなくていい」ってしつこく強く言ってた理由って
コトネがお嬢様すぎて絶望的に家事ができない・仕事に向いてないタイプだったからなのか…(笑)
まあ、BD特典漫画の方で「婚約者よりお金があれば…」とか言ってたからそういう理由もあるのかもだけど。

しずくちゃんのためのデート(といっても6人で)の最初のコースは映画館。
ゆずが恋愛映画をかゆい!かゆい!と拒否するという乙女っぷりをまたしても発揮。
かゆいかゆい乙女。

映画鑑賞中、コトネは近くの席に「あの人」を見つける。
「あの人」っていうのが、名探偵コナンばりの黒塗り男で結局最後まで詳細は不明なのですが、
たぶん婚約者ですよね。大穴でコトネパパ。
「しずくちゃんに会わせるわけには…」と焦るコトネ。

映画館からカラオケに移動した後、
コトネは部屋を抜け出し山田さんに確認の電話をかけようとする…
が、黒塗り男がカラオケ店にまで付いて来て見張っているのを発見してしまう。
コトネ視点での話って今まで無かった気がするので新鮮ですね。
そして人間技と思えないトレーニングをする山田さんは何者なんだ…

mirac201407_02.jpg
「あの人」のことで心中穏やかでないものの、
しずくちゃんが楽しそうに笑ってるのを見て安堵の表情を浮かべるコトネ。
コトしずは良いものです。
コトネのこういうところ好きです。

でも、コトネがそうやって隠して、なるべくしずくちゃんを巻き込まずに解決しようとするから
しずくちゃんが不安になるんですけどね。

グループデートの最後、キスをかわすコトネとしずくを目撃した優は、
春香に「こっち来ちゃだめだからね」と釘を刺すも、
春香さんには無意味なご様子…
mirac201407_03.jpg
「見える…見えるぞ… 私にはコトネちゃんとしずくちゃんの今の情景が…!」
春香さんの百合センサーレベルがついに神の領域に……!!

最後のページの、しずくちゃんのバイト先にコトネが顔を出す後日談も良かったです。
「しずくちゃんに変な人が来ないよう見張りにきてる」
って…ああ…万一変な虫が寄ってきたら山田さんの力で消されるのでしょうね…
この2人ちょっとラブラブすぎんよ〜。

バイトの先輩ちゃんまた出てきてくれて嬉しいです。
「しずくちゃん目当てで来るお客さん多いからね〜男女問わず」という先輩の発言に対して
「このファミレスは敵だらけーー!!」ってコトネが言ってたけど、
これバイトの先輩のことも含めて言ってますよね(百合脳)

そうそう、あと、春香さんがまた妄想の中で優ちゃんを「優」と呼び捨てにしましたけど、
本当びっくりするくらい萌えないですね。
ちゃん付けなのが呼び捨てに変わったりするのって、普通の作品ならすごくキュンとくるポイントなのに。
妄想春香さん大好きです。



2014年8月号掲載話

みんなで野球応援回。
スミスミ&楓の生徒会組と優ちゃんがチアリーダーに。
珍しくたくさん男の子が出てくるのに、高校野球の主役は野球児のはずなのに、男子全員モブだぜ!

春香「人が頑張ってるところをみてると…体がかぁーって熱くなって入り込んじゃうよね!」
×人が → ◎優が
優ちゃんのチアリーダー姿に春香さんもご満悦なご様子。

そういえばこの号からタチ先生のキャラクターの目の描き方が変わりましたね。
先月号、ちょっと時間なさそうな感じがしたので心配だったのですが
(実際仕事量が尋常じゃなかったのだと思います)
今回は全部のコマが可愛くてにやにや。
mirac201408_01.jpg
この優ちゃんとかたまらないのじゃ!
文化祭以来のポニテ(と言うのかしら)も可愛いすぎるんじゃ〜。

春香に褒めてもらいたがっているスミスミを見て、
楓は「スミスミ会長は最近なにかと春香だなあ。優はそれで大丈夫なの?」と。
その前に美月からも
「澄から聞いたことを伝えるわね。
春香さんと何かあるみたいなの… 優がはそのこと知っているのかしら」
というメールがきており、「そんなことないよ」とメールを返信しつつも少し不安に。
楓っこの勘の鋭さは相変わらずですね。

春香とスミスミがスール関係になってから結構経ちましたが(作中の時間だと3、4ヶ月くらいでしょうか?)
ようやく切り込んできましたね。
春香が浮気男みたいな扱いになってて笑いました。

スミスミがチアリーダーのユニフォームを多めに持ってきていたため、
休憩中に春香とコトネが着てみると、スミスミサイズで作られていたため(主に胸が)きつくて断念。
落ち込む澄を春香はいつものように撫でてなぐさめる。
そしてそれを見て不安な気持ちを募らせる優…
おいおいちょっと修羅場近づいてきてるんじゃないの(にやにや)

春香は水筒に作ってきたはちみつレモンをみんなに振る舞う。
自分だけ貰えない優は焦って「私の分は?」と聞くと、
別の水筒を出された上に、春香が自分で飲んでしまう。
mirac201408_04.jpg
ここのやり取り本当に大好き。
優だけ別の水筒だったのは優専用で抹茶味のものを用意してたからだし
(スポーツ抹茶ドリンクってなんやねん…と思ったらゆずが読者を代弁してツッコんでくれてた)
優に渡す前に飲んだのは先に味見するためだし、
このコマの表情を見るに、たぶん間接キス狙いでもあるし。

春香の行動自体は超いつも通りで優ちゃんだけ特別扱いのオンリー優なんですよね。
優ちゃんの受け取り方が違うだけでこうも変わっちゃうのかっていう。

で、優ちゃんは春香が口をつけたところに自分も口をつけて飲むわけですが…
mirac201408_03.jpg
うわあああああああああああああああ

間接キスって恋愛ものの初級イベントのはずなのに!
何この高レベルっぷり!?
桜Trickってすごい。

この間接チューに全部持っていかれましたが、
今回は楓ゆずがだいぶいちゃいちゃしてましたし見所多かったですね。
しずくちゃんとゆずの関係もなんか好きです。
ゆずに対してはドSなしずくちゃんとなんだかんだ言われるがまま従ってしまうゆず。



というわけで、ついに優ちゃんまで春香とスミスミの関係を疑いだして、来月以降の展開がますます気になります。
優の方は恋心を自覚してきていますが、春香はまだまだ相変わらずで。
でもこの感じでいくと2年生の間に春香と優は恋人関係になるのですかね。

なんというか、すごく複雑な感情なのですが
春優には恋人関係になったとしても最初の頃と変わらずにいろんなシチュエーションでイチャイチャちゅっちゅしていてほしいなと…
いわゆる少女漫画っぽいガチ百合ものになっちゃうと桜Trickのノリに合わないというか、
桜Trickの良さがなくなってしまいそうというか…

……正直に言ってしまうと、
最近はストーリー優先でキスシーンへの持って行き方があっさりした回が多いので
物足りなくなっている自分がいます…笑
前にもコミック2巻の最後の話と3巻の最初の2話と、3回連続で春優の直接的キスシーンなかった回ありましたし、
来月にはすごいキスシーンが待ってるのかもしれませんね(願望)

桜Trickはやっぱり、キスはノルマでなく主役であって欲しいのです。
桜Trickに毒された結果!
関連記事


コメント

  1. | -

    書き込みします
    単行本はともかくきららミラクまでは仕事上又は時間上チェック出来ないのでとてもありがたく思います
    なんと言うかタチ先生のおっしゃる通りコトしずが主軸になってきたなと思います
    いや他も頑張っていると言うか絆を育んでいるけどもコトしずはもっと先に進んでいるなと思います
    まぁなんと言うかコトしずが愛おしい

    ( 18:54 )

  2. ごぼう | -

    Re: タイトルなし

    コメントありがとうございます!
    コトしずは一番お互いのお互いに対する感情やこれから自分たちが進む道を理解して向き合っている感じがしますよね。
    春優、コトしず、楓ゆず、三者三様の関係性を描いているタチ先生はさすがだなと思います!

    ( 00:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。